システム開発は顧客の要望が大事!問題点をしっかり洗い出す!

顧客としっかり対話して仕様書を作成

システム開発を行うのはプログラマーです。コンピュータや言語のことを知っている人です。プログラマーは仕様書を見て、その通りに開発をすることはできます。まずは仕様書が必要になります。仕様書を作成するのはシステムエンジニアと呼ばれる人で、顧客から要望を聞いてそれを仕様書にしていきます。結果としてプログラムにしないといけませんからプログラムの知識も必要です。さらに、顧客からきちんと要望を聞ける能力も必要になるでしょう。

現状システムの問題点を洗い出す

会社の業務を効率化するのを目的として業務システムが導入されます。導入当初はそれまでの問題点を解決し、それまでより効率的に仕事ができるようになります。ただ、それが当たり前になると新たな問題が出てきます。一つや二つでなく、どんどん問題点が出てくることがあります。業務システムのシステム開発では、現状システムの問題点を洗い出す必要があります。現状のままでよいところ、改良しないといけないところ、新たに追加しないといけない機能などを考えていきます。

全体業務から小さい業務に分けて考える

システム開発を行うとき、一人で行うこともあれば、会社などで多くの人で行うこともあります。一般的な会社では、役割分担をして行うことが多いでしょう。業務システムを開発していくときは、まずは全体像を作り上げます。そしてそこから小さい業務に分け、さらに小さくしてしてその業務ごとに開発をしていきます。最終的には小さい業務を組み合わせて完成させます。多くの人で分担することが出き、小さい単位の方がテストも行いやすいです。もちろん組み合わせた状態のテストも行います。

イントラネットの構築に使うソフトですが、大幅なnotesのバージョンアップで、今までのものが起動しなくなる可能性がありますので、作成時にバージョンアップ修正の対策は準備しておきたいものです。