ゆめの自営業!始めてからのことも視野に入れておく!

ネットショップなら店舗などは不要

自分でお店を経営するとき、以前であればまず店舗を確保する必要がありました。自宅にスペースがあればよいですが、必ずしもお客さんに都合がいい立地にあるとは限りません。今も店舗を持つ方法が一般的ですが、どうしても店舗が持てないなら持たない方法もあります。それはインターネット上でショップを運営することです。在庫などは自宅で持ち、発送業務なども自宅で行います。お客さんの利便性などを気にすることなく、住宅地でお店を持てます。

仕入れ先と販売先を確保する

商品を仕入れて販売するお店を持つ場合があります。どんどん商品が売れれば儲けることが出来るかもしれません。まず大事なのは、仕入れルートがあるかです。食材を販売したり飲食店をするなら、それらの商品や材料を安定的に確保する必要があります。広く一般の人に販売するなら少しずつ販売先を広げますが、会社などを相手にするなら販売先の確保が必要です。元の仕事の関係先などをつてに持っておけば、最初から一定の売り上げを確保できます。

営業していることを宣伝する

いくらいいものを販売したり提供したりしても、それを知っている人がいなければお店に来てもらえません。自営業を始めるのであれば、お店が営業していることを宣伝する必要があります。いざお店を開店するとお店から離れられない場合があります。ですから、事前に広告などを作成して配っておくなどが必要です。家族がいれば、家族に手伝ってもらいながら広告、宣伝を行います。最近の方法であれば、SNS上でお店の存在を知らせる方法もあります。

フランチャイズとは、チェーン展開によって知名度のある本部(コンビニなど)が、加盟店に看板を分けてあげること。それによって加盟店はブランド力を手にし、本部に対価を支払うのです。