ホームページが営業社員!検索してもらいやすくする!

ホームページを通じた営業がしやすくなる

寺社の商品やサービスを知ってもらうために、営業担当者が走り回ったり、広告などを行うことがあります。それらには人件費もかかりますし、広告費もかかります。もっと効率的に知ってもらえる方法として、ホームページの利用があります。日本だけでなく世界から問い合わせと受けることも可能です。しかし、自社のホームページを見つけてもらえなければいつまで経っても営業効果は得られません。SEO対策を行うことで、自社へのアクセスが増えれば営業効果も得られるようになります。

多くの人は検索していることを知る

会社などで新たなビジネスをするとき、パートナーを探すときにどんな行動をとるかです。電話帳を調べて該当する会社に電話するなどは少ないでしょう。インターネットの検索サイトであれば、キーワードを入力するだけで情報が得られます。また、多くの人は検索結果の上位からチェックしていく事実があります。そこで、ホームページ作成でも検索の上位に表示される対策、つまりはSEO対策を行うことになります。作りを変えるだけで上位に表示されることもあります。

継続的に対策をする必要がある

お金をかけて対策をすると、それでもおしまいと思ってしまうことがあります。ホームページ作成の時にはSEO対策をすることがあります。業者などにチェックをしてもらい、対応したホームページも作成できたのでもう安心とそのままにすることがあります。確かに直後は上位に表示されることもあります。しかし、徐々に下がるかもしれません。SEO対策は、一時的に行うだけでなく継続的な対応も必要です。対策をしていないと、大きく下がることもあります。

ホームページ作成とSEOには重要な関係があります。ホームページを作るときにSEO(検索エンジン最適化)施策を行うことで、検索エンジンでホームページが検索された際に、表示順位を上げることができます。