現代社会に必須な存在!?物流倉庫の基本をご紹介

物流倉庫ってどういう倉庫?

メーカーなどの製造業者から、私達消費者の手元に製品が届くまでの間における、ピッキングや保管、配送作業などをトータルで請負う倉庫が物流倉庫です。倉庫と聞くと、ただ物を保管する場所だと思ってしまいますよね?ですが現在の物流倉庫は非常にハイテクな存在となっているんですよ。コンピューターによる一元的な管理は当たり前。近年は、ピッキングから配送に至る全てを自動化してしまった物流倉庫も現れています。いずれにしても、物流倉庫がなくては私達の社会がすぐに機能不全を起こしてしまうことは間違いありません。

物流倉庫の変遷について

グローバルな競争下にある現代の日本において、従来のように自社製品に関しては配送段階まで責任を持つという企業は少なくなっています。配送段階まで自力で行うには、倉庫やトラックなどを所有しなければなりません。その場合、固定資産税や人件費などの負担は莫大なものになってしまいます。そこで近年需要が高まっているのが物流業務のアウトソーシングサービスです。物流業務を切り離してしまうことで、経営リソースをコアな事業に注げるというわけです。現代の物流倉庫は、そんな時代にマッチした性能が求められます。つまりひとつの企業に特化するのではなく、多くの企業のニーズに応えられるだけの機能が必要不可欠というわけです。

物流倉庫の具体的なサービス内容を知ろう

物流倉庫が実際に提供しているサービスは運用会社によって異なりますが、そのほとんど全てに共通しているのが検品と出入庫管理及び保管と仕分けサービスです。検品サービスとは、運び込まれた商品の数に齟齬がないか確かめることです。出入庫とは、文字通り倉庫から出し入れするサービス。保管サービスは、その製品の性質に合わせた方法で健全な状態を保つことを言います。たとえば生鮮食品であれば冷蔵庫に保管し、衝撃に弱い製品であれば慎重に管理されます。仕分けサービスは、注文に応じて製品を選り分けることです。仕分け部分が現在の物流倉庫における個性を決定づけていると言っても過言ではなく、倉庫によっては完全自動化が実現されています。

物流はグローバルに広がっているので将来性があります。アウトソーシングのことも相談できるので迅速に対応してくれます。