業績拡大に大きく寄与!営業アウトソーシングのメリットをご紹介

そもそも営業アウトソーシングとはどういうこと?

売れるはずの商品を開発したのに営業力が乏しかったり、起業したばかりで営業ノウハウそのものがないクライアントに代わって営業活動を行うことを、営業アウトソーシングといいます。営業アウトソーシング業者は主に3タイプに分けられます。ひとつは営業の一部分だけを代行するタイプ。テレフォンアポイント代行業者がこのタイプの代表格です。利用コストが安い反面、さほど専門的な仕事は期待できません。もうひとつが成果報酬タイプ。契約に至るまでの営業業務を丸ごとお願いできる上、成果が出たときだけ報酬を支払えば良いので低リスクです。ただし売れる商品ではないと見切られると、一切営業活動をして貰えなくなる場合があります。最後がマネジメントタイプ。営業部門そのものを創り出してくれるプロ集団ですが、依頼コストは高額です。それぞれの特徴を理解した上、適切な業者に営業をアウトソーシングしましょう。

人海戦術を仕掛けられます

営業アウトソーシングのメリットは、なんといっても必要な時に必要なだけの人員を確保して営業活動を行えることです。自前の営業マンを使うだけでは、このような柔軟な戦術は不可能といえるでしょう。近年は、物事の流行り廃りが非常に早くなっていますから、ここぞという時に一気に営業を仕掛けてシェアを確保することが非常に大切です。繁忙期と閑散期の差がはっきりとした業種においても、営業代行は威力を発揮します。忙しいときだけ営業をアウトソースすることで、人件費の無駄を抑え、コア事業に注力できます。

プロの営業力を活用できます

営業アウトソーシングのもうひとつのメリットは、最初からプロの営業力を活用できることです。一人前の営業マンを育てるには大変な労力が必要なことを知っているでしょうか?求人広告を出し、企業説明や面接にも時間を取られる上、教育にも多くの費用がかかります。それだけの手間暇を掛けても成功するとは限らないのが実状なんですよ。ですが、営業代行業者に依頼すれば、そのような手間が必要なくなります。もちろん営業代行業者全てが有能なわけではありません。しっかり時間を掛け、優秀かつ得意ジャンルが合致した業者を選定しましょう。

営業代行を利用する際は、業者のミスマッチに気を付けなければなりません。代行して欲しい内容と、その業者の得意分野が合致しているかどうか調べることで失敗リスクを抑えられます。