大事な内定者をしっかり確保!必須になっている内定者フォロー!

せっかく採用した内定者から辞退者を出さない

新卒の採用時、内定者に対して採用することを通知します。そして、一定期間内にその内定を受けるかどうかを出してもらいます。これによって優秀な学生の確保ができます。しかし、そのままにしておくと、それ以降どんどん内定辞退者が出てくることがあります。優秀な学生は他にも内定を持っていますから、より良い職場を選部ことになります。内定者フォローは、内定者の心をつかみ、辞退者を出さないために行います。ただ集めればいいわけではありません。

内定者の不安を取り除く

これまで学生であった人は、社会人になることに不安を持つことがあります。これが、採用が決まってすぐに働くとなれば話は変わります。不安になる時間が短いからです。でも新卒内定者の場合、数箇月も不安に感じなければいけません。人によっては、自分能力に不安を感じ辞退をすることもあります。内定者フォローは、内定者の不安を取り除くために行う場合があります。定期的に会社などに来てもらい、内定者同士で話し合い、現役社員と交流することもあります。

入社に対する期待を増加させる

採用内定者は、そもそもはこの会社の採用試験に応募してきた人です。何らかの魅力を感じて活動をし、無事採用された人です。ただ、学生から見た会社と、現実の仕事にはギャップもあります。何をするのかよくわからないまま入社までの期間を過ごす人もいます。内定者フォローでは、入社に対する期待を増加させる目的があります。具体的に職場などに入ってもらい、簡単な仕事をすることで仕事の興味を増すことが出来ます。早く仕事をしたい気持ちにさせます。

社員教育は、スキルアップのためにも、業務をスムーズに行ってもらうためにも重要なものとして企業は力を入れています。